探偵 違法調査

隠し撮りが違法行為ではないのは探偵業法を守っているから

興信所や探偵事務所では、依頼者の権利保護のため国家公安委員会の所管として探偵業の業務の適正化に関する法律という法律に従い業務を行っています。
規定の書類を届け出る事により、探偵業法を順守することが法律上義務付けられているのです。

 

それでは「違法な調査」とはどのような調査を言うのでしょうか?
例えば浮気調査の時に個人の調査をすることは「個人情報保護法」があるから違法な調査ではないのかと考える方も多いでしょう。
刑事事件の被害者は、加害者に対し民事訴訟による損害賠償や慰謝料を請求する権利があります。
その為の調査は「個人情報保護法」「探偵業法」により個人の権利を守る行為として法律上認められています。
探偵業法では、都道府県公安委員会に届出書を提出することにより「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての調査(面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法)での調査が認められています。

 

例えば興信所や探偵事務所に調査を依頼する理由の一つに浮気調査があります。
浮気が原因の離婚裁判などでは、浮気相手の携帯電話の通話記録や隠しカメラで撮影された写真等が証拠として提出される場合があります。
本人の承諾なしにこのような行為をすることは一見違法な調査に見えますが、実は違法ではないのです。
前述のとおり探偵や興信では、営業開始時に都道府県公安委員会に届出証明書を提出しているからです。
この届出により堂々と尾行や写真撮影、録音などの身辺調査の業務が可能なのです。
またこの届出のない場合、違法行為として裁判時の報告書が依頼人の不利益になるケースもあるため、調査依頼時には探偵業法を遵守しているかどうかの確認が必要です。

違法な調査をお願いしても断る探偵は優秀!

違法な調査と一言でいっても何が違法で何が合法なのか、素人にはちょっと分かりづらいので違法性のある調査を挙げていきます。
自分が今依頼しようとしている調査内容が違法なのか合法なのかを確認してみてください。

 

×会話内容を知りたいので対象の家に忍び込んで盗聴器を設置して欲しい。
×対象の勤務先にでっち上げの文章を郵送して会社に在籍できないようにして欲しい。
×いつでも浮気現場に突入できるように、こっそり合鍵を作って欲しい。
×精神的に追い詰めたいので対象の入浴姿を撮影してネットに流出して欲しい。
×私が先に狙っていたのに友達が彼と付き合ったので別れさせて欲しい。

 

探偵などに調査を依頼する人というのは、行き詰まっていたり、焦っていたりと冷静な考え方ができない人が多く、平気で上のような調査依頼をする人も少なくはありません。
そんな状態の依頼者の憤りを沈め、正しい方向に導くのも興信所や探偵事務所の使命なのではないのかと私は思います。
違法な調査依頼をした時に、キッパリとコレは違法だからダメ!と合法的な調査を提案してくれる探偵や興信所が本当の意味で優れていると言えるでしょう。